" 原付の保険を自分の条件で選ぶ

原付の保険 まずはこれをチェック!

原付バイクの任意保険、
家族に自動車保険加入者がいるかどうかによって選び方が違ってきます。


■自動車保険の加入者がいる ⇒ ファミリーバイク特約が絶対のおススメ。

ファミリーバイク特約は原付のための自動車保険特約です。
6千円~1万円程度の保険料の追加で対人・対物・自損傷害が補償されます。
家族の誰でも、複数の原付でも、借りた原付でも補償の対象です。


■自動車保険加入者がいない ⇒ 単独のバイク保険を選ぶことになります。

バイク保険は二輪バイクのための保険で基本は自動車保険と同じです。
加入時の保険料は高いですが無事故を続ければ等級が上がり割引が大きくなります。
加入者の条件に合った保険料設定ができる通販・リスク細分型がおすすめです。


---原付の種類----------------------------------------------------------------------------------------------------
・50cc以下の原付      … 法定速度30km、2人乗り禁止(原付1種)
・50超125cc以下の原付  … 法定速度60km、2人乗り可能(原付2種)

50cc以下の原付なら「自損型」で十分

50cc以下の原付(1種)は普通免許、原付免許で乗れる原付です。

法定速度30km、2人乗り禁止などから
ファミリーバイク特約は自損型が良いのではないでしょうか。


自損型のファミリーバイク特約は、対人・対物、 「自爆事故」のような自損事故のケガなどが補償の対象です。

自損事故以外のケガなどは自分の保険からの補償はありません。

自損事故以外でのケガなどが心配であれば、生命保険や交通傷害保険でカバーする方法があります。
原付を通勤、仕事だけで使用する場合は、ケガなどが労災でカバーされることになります。

51cc~125cc 「人身型」が必要?

原付の保険

50cc超125cc以下の原付バイクは、法定速度60km、2人乗りが可能な原付です。
50cc以下原付と同じような利用であれば、特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをし速度も出すという場合は人身傷害型のファミリバイク特約を選ぶという方法があります。

人身型は運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されます。


人身傷害型は自動車保険に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身型になるところ、選択で人身型にできるところなど各社で取扱いが違います。)


「人身型の保険料が気になる」、「本契約に人身傷害が付いてない」
そんな場合は、本体の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。
代理店型から通販型への切り替えなら人身型を付けてもおつりがくるかもしれません。

CHECK!自動車保険の見直し、切り替えなら【無料】一括見積もりが簡単で便利

単独加入のバイク保険は通販・リスク細分型がおすすめ

通販・リスク細分型の年間保険料の例をご覧ください。

●125cc以下の原付 ⇒ 年間保険料 18,910円

    【補償内容】対人賠償保険 無制限、対物賠償保険 無制限、搭乗者傷害保険 500万円、無保険車傷害保険 2億円、
    自損事故保険 1,500万円、弁護士費用等補償特約 なし

    【見積り条件】ABS なし、お住まいの地域 神奈川、ノンフリート等級 6等級、使用目的 日常レジャー用、
    被保険者生年月日 昭和61年5月1日、免許証の色 ゴールド、運転者年齢条件 21歳以上補償

等級が高いともっと安くなります。

●125cc以下の原付 ⇒ 年間保険料 10,890円

    【補償内容】 同上

    【見積り条件】ABS なし、お住まいの地域 東京、ノンフリート等級 13等級、使用目的 日常レジャー用、
    被保険者生年月日 昭和54年5   月1日、免許証の色 ゴールド、運転者年齢条件 21歳以上補償

                                                <参考 アクサダイレクト公式ページ>

一口にバイクと言っても、50ccの原付の原付から軽自動車より排気量の大きいバイクまで様々。

法定30kmの原付が高速道路にも入れるバイクと保険で同区分なのは納得し難いと思います。


リスク細分型のアクサダイレクトは
排気量区分(125cc以下)が原付の保険料を割安にしています。


同じくリスク細分型のチューリッヒは
走行距離区分(5000km以下)が原付の保険料を割安にしています。


リスク細分型以外では、原付でも保険料が大型バイクや4輪自動車と同じような保険料になってしまいます。


原付向けの単独バイク保険

家族に自動車保険加入者がいない場合は単独のバイク保険を選ぶことになります。
原付向けのバイク保険なら、通販・リスク細分型が絶対のおススメです。

アクサダイレクトは排気量区分で、チューリッヒは走行距離区分で、原付が割安になるしくみになっています。
リスク細分がなければ大型のバイクと同じような保険料になってしまいます。


このページの先頭へ