原付だからこそ通販・リスク細分型がいい

中間コストのない通販型保険はもともと保険料が安いのですが、
原付のバイク保険にリスク細分型がおすすめの最大の理由は、
「なぜ大型のバイクと同じ扱いなのか。」という不満・疑問が解消されることです。

チューリッヒの場合は走行距離 5,000km未満の区分で
通勤・通学利用の原付の保険料が割安になります。

アクサダイレクトの場合は、原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分が適用され保険料が割安になります。

例えば2種原付(51cc~125cc)で通勤・通学以外にも原付を利用する場合は、
アクサダイレクトにしておいた方が安心ということになります。

通販・リスク細分型はほかにも、使用目的、年齢、地域などのリスク区分があり、
原付に最適のバイク保険だといっていいでしょう。


原付向けのバイク保険はズバリこれがおすすめ

原付向けのバイク保険なら、通販・リスク細分型が絶対のおススメです。

アクサダイレクトは排気量区分で、チューリッヒは走行距離区分で、原付が割安になるしくみになっています。
リスク細分がなければ大型のバイクと同じような保険料になってしまいます。

通販・リスク細分型のしくみ

自動車保険が自由化されてからリスク細分型の自動車保険はもはや定番のようになっています。
でもバイク保険には、2005年04月にアクサダイレクトが初めて発売するまで、リスク細分型はありませんでした。

これで、ゴールド免許で遊びにしか使わない、距離も乗らないという人には、リスク細分型という選択肢ができました

保険というのは、リスク(事故の確率と予想損害の大きさ)をもとに保険料が設定されます。

このリスクをより細かく分けて保険料を算出する保険が、「リスク細分型」です。

1998年の自由化前も車種・ドライバー年齢・事故歴などによる保険料の違いはありましたが、
自由化以降さらに細分化されたのが「リスク細分型」といわれる保険です。

当初は外資系の保険の代名詞のようでしたが、最近では国内損保会社でもリスク細分型が定着しつつあります。

中間コストのない通販とあいまって、自動車保険、バイク保険に画期的な価格の選択肢をもたらしました。


リスク細分型自動車保険の注意点

リスク細分型の登場でバイク保険の場合も原付利用者、優良ドライバーの保険料が安くなり、保険料の払いすぎを避けることができるようになりました。

リスク細分型の注意点は、すべての加入者の保険料がリスク細分によって割安になるわけではないことです。

リスク細分型の場合、事故率の高い区分に属した加入者はそれまでより保険料が高くなる可能性があるということも認識しておく必要があるでしょう。

リスク細分型のメリットは、事故率の高い加入者のために、事故の少ない加入者までが割高な保険料を負担しなければならないという理不尽感が解消できることでしょう。

「通販・リスク細分は事故の少ない人を集めて安くしている」という言い方がありますが、少し偏った考えだと思います。

事故確率の高い人であれば、補償を受けるには保険料の高い保険でも仕方がないということになるでしょうが、
事故確率の低い人にしてみれば、優良者が多く全体的に保険料負担が低い保険に加入したいと考えるのは当然のことでしょう。

リスク細分型によって日本にも原付ライダー等優良なドライバーのための本当に良い選択肢ができたと思います。


このページの先頭へ