原付の任意保険に最高レベルのロードサービスが付いてくる


保険料が安く充実したロードサービスも受けられるバイク保険を選ぶのなら「チューリッヒ」がおすすめす。

宣伝では「業界最高レベル」と言っていますが実際に比べると「業界最高」です。


「原付にこれほどの無料サービスがあっていいの?」と恐縮しちゃうほどかもしれません。

そこには「車と違ってバイクなんだから」という気配はおくびにもありません。


・サービス拠点は全国に1,300ヶ所

・レッカーサービス、100kmまで無料
・レンタカー、24時間まで無料
・事故・故障時の帰宅交通費を限度額なしで補償
・事故・故障時のホテル代も全額サポート
・事故・故障での各種キャンセル費用を50,000円まで補償
・修理後の搬送費用を全額サポート
・鍵の閉じ込みやガス欠等応急処置は時間制限なく無料


いかがですか。至れり尽くせりというのはこういうことを言うのではないでしょうか。

JAFのサービスメニューもかすんでしまうほどの無料サービスです。


通販型は充実のロードサービスが魅力


テレビCMだとロードサービスは普通自動車のサービスのような印象を受けがちですが、実際はバイク保険でもロードサービスは基本的に自動車保険と同じです。


無料ロードサービスは中間コスト省略の通販型各社の方が明らかに充実しています。

JAFより充実しているロードサービスも珍しくありません。


バイク保険の場合、ロードサービスに着目して保険を選ぶことにより、自動車保険の場合以上に満足度を高くすることができるでしょう。

原付二種などのバイクの利用者にはメカやメンテナンスに詳しい人もいると思いますが、そのような人であれば無料ロードサービスのありがたさを実感できるのではないでしょうか。


幸い、通販・リスク細分型を扱う2社(アクサダイレクト、チューリッヒ)とも、ロードサービスは充実しています。

中でもチューリッヒは「業界最高レベル」と謳われており、実際各社比較してみると業界最高といえるラインナップになっています。


通販型が安いのには明確な理由がある

通販が安くなる最も大きい理由は、代理店の手数料、支店の維持費など中間経費を省略して「直接取引」を行っていることです。

代理店手数料は保険料の20%に相当するといわれますので、この差は決定的でしょう。

代理店型の保険料が5万円だとすると、通販型はこの手数料分をはずすだけで保険料が4万円になります。

代理店業界の90%が副業のアマチュア代理店という日本の市場に、代理店を通さない直接販売で「適正価格」を提示していると言ってよいでしょう。


補償、事故対応、サービスなど国の認可事項については、通販型も代理店型も金融庁認可・監督の保険事業であるという点で全く同格です。

ネットで「通販は出し渋りの懸念がある」という指摘を見たりしますが、実際は1995年以降続々と明らかになった自動車保険出し渋り問題で明らかになった案件のほとんどが、代理店系大手各社のものでした。

問題があれば通販であろうが代理店であろうが金融庁が放って置かないということです。



■安い理由は分かったけど事故の時大丈夫?

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店系でもダイレクト系でも同じことです。
自動二輪の保険の代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。
事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。

ネットなどで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(10%)という日本の市場の姿を表しています。
自動二輪の保険で代理店型の方が安心というのは、プロとしてのアドバイスが可能な専業の「プロ代理店」を通して契約する場合の話だと考えるべきです。

逆に通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。


このページの先頭へ