原付の自賠責保険 車検がないので要注意


自動車の場合は定期的に車検が行われ、その車検の時に自賠責保険も車検費用の一部という形で処理されるので、自賠責の更新を忘れていたということはまずないでしょう。

しかし、125cc以下の原付バイク(一種、二種)は法令上車検が義務付けられていません。
そのため、加入するのを忘れていたり、うっかり期限切れのままになっていたりということになりがちです。


このように、車検の無いことが原付の自賠責更新が忘れられる最大の原因だとされていますが、かといって期限切れを大目に見てもらえるわけではありません。

自賠責保険の更新を忘れたら、違反点数が6点になり免許停止処分になります。
そして、1年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。


更新前になれば必ず「更新のお知らせ」が保険会社から届きます。
捨てたりせずに大事に取っておきましょう。


原付の保険|自賠責の留意点

◆自賠責の補償は「対人補償」

原付の自賠責保険で受けられる補償は対人的な補償です。

原付を運転している時に、誤って人がケガをしたり、死亡してしまうような事故を引き起こしてしまい、被害者やその家族から損害賠償を請求された場合、その損害を賠償する為の保険金が支払われます。

賠償額は、傷害の補償が120万円、死亡の補償が3,000万円、重度の後遺障害が残った場合の補償が4,000万円と、それぞれ上限が定められています。

◆自賠責が支払われない場合、あるいは減額される場合

自賠責保険では、無責事故に対しては支払われません。
無責事故というのは、100%被害者の責任で発生した事故のことを言います。

車同士の交通事故は、通常、双方に過失があることが多いため、一方の過失がまったくゼロであるというケースは多くありません。

仮にこのような賠償責任についてまったく責任のない事故(無責事故)が起こった場合は、相手車両の被害者への支払いは対象にはなりません。
この場合、相手が付保している任意保険の自損事故保険金の対象となります。

もっとも、このような一方が無責となる事故はほとんどありません。


自賠責への加入


原付の自賠責保険への加入は、バイクショップ、コンビニ、農協、郵便局、銀行で手続きすることができます。

最近では、自宅にいても簡単にインターネット契約を行うことができます。

保険会社に出かける必要がないですから、忙しい方や仕事の関係で保険会社の営業時間に間に合わない方にとってはとてもありがたいことです。


■原付の自賠責への加入はコンビニが便利

原付の自賠責への加入手続きは、コンビニが便利です。
原付バイクの販売店、損害保険会社などへ行く必要がありません。

現在、原付の自賠責への加入・更新手続きは、

ファミリーマート
ローソン
セブンイレブン

で行うことができます。

中でも、自賠責の加入・更新で便利なのはセブンイレブンのようです。


このページの先頭へ